中古マンション投資は長期的な運用に向いている

なぜ専門業者に任せるのか

PCを操作する女性

不動産投資の初心者に

昔からアパートやマンションの家主をしている方の中には、わざわざ賃貸管理を業者に任せるのは無駄だという方もいます。たしかに敷地内の清掃や建物のメンテナンス、家賃の徴収や催促などは、全部自分で行なえば外注費用はかかりません。ただし自分で何もかも管理できるのは、時間と体力・気力に余裕のある方に限られます。サラリーマンが副業として不動産投資を始めるような場合、賃貸管理に全力を注ぎ込むわけにはいきません。そのような際には専門の業者に任せるのが、結局は経済的になります。ゆくゆくは自分で管理するにしても、初心者のうちはノウハウを身につけるまでに時間がかかります。それまでは賃貸管理会社に依頼するのが常道と言えるでしょう。

ベテランの投資家にも

一室の賃貸マンションや一棟のアパートで満足しているなら、自分で管理することも難しくはありません。しかし複数の物件を購入し、投資の範囲を広げて行くほど、すべてを管理するのは不可能に近くなります。物件によって入居者の状態もメンテナンスの必要性も異なるため、把握するだけでも大仕事になります。契約と解約の事務も頻繁になり、苦情処理の機会も増えるでしょう。経営拡大のためには、適切な時期に物件を売却し、新たな物件を購入することも重要です。こうしたことを考えると、賃貸管理は専門業者に任せることが必須とも言えます。入居者の募集や建物のメンテナンスだけでなく、家賃保証や保険の取次などの業務を行なっている賃貸管理会社もあり、さまざまな局面で利用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加